人工呼吸の訓練

心筋梗塞は、生活習慣病の一つです。
そして、日本人の罹患率が高い病気でもあり、一度罹患すると自然治癒することはありません。

治療のためには、長い通院期間を要します。
よって、罹患率が高くなればなるほど、国や地方自治体には多くの保険料の負担が強いられます。
国や地方自治体には、その保険料を賄う余裕がないため、国を挙げてこの病気の予防に努めています。
現在、政府は罹患しないためのガイドラインを設けています。
そして、病院や公共機関にポスターやパンフレットを通して啓発活動を続けていて、このような方法における注意喚起は、今後も積極的に展開されると予測されます。
それによって、病気への意識が高まって罹患率が減少していくと考えられます。

心筋梗塞は、心筋の血管が脂肪や老廃物の蓄積によって詰まることによって発症しまがす。
この病気について注意すべき点は、日々の生活です。
生活習慣病とは、その名の通り生活習慣が原因で引き起こされるがゆえに、日々の食生活や運動習慣が大きく関係しています。

食生活においては、暴飲暴食を控えるようにして、油分と塩分の多い食事はひかえて、薄いつけにします。
そして、アルコールは適量を心がけ、喫煙習慣も改善が必要であり、適度な運動はストレス解消になって食べ過ぎを防ぎます。
それによって、体重増加を抑える効果と新陳代謝を高める効果があり、適正な体重の維持と新陳代謝の活性化は、心筋の血管を詰まりにくくします。

心筋梗塞にならないためには、適正な血圧を保つことも大切です。
血圧が以上に上昇した状態が続く症状を、高血圧症と呼び、これは、血管が収縮することによって血流が妨げられることです。

収縮した血管に、コレステロールや老廃物がたまっていると、血液が体内に供給されなくなります。
そうなると、最悪の場合には血管が破裂して死に至ることもあるので、高血圧症にならないことが求められます。

また、息苦しさを感じた時には我慢や無理をしないようにします。
少し安静にしていれば症状が改善することもあります。
さらに、胸が苦しいと感じたら、すぐに医療機関を受診をすることで、医師から適切な処置とアドバイスを受けることができます。

オススメリンク

血圧計測

狭心症は前兆です

日本人の疾患による死亡原因の第一位はがんですが、二番目に亡くなる人が多くなっているのは心臓病です。
生まれつき心臓に何らかの異常があってそれが原因で亡くなるケースや、加齢によって心臓その…Read more

聴診器

生活習慣を見直そう

急に心臓を始めとする身体の各部位に激しい痛みを感じた時には、CCUという心臓集中治療施設がある病院に搬送してもらわないと命が危険です。
発作からすぐにCUUがある病院に搬送されれば90%…Read more

関連リンク

アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2014年12月
     
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031